マネージメント

成功する目標の作り方

何かをやろうと決めたら、初めにすることは目標設定です。
目標を立てることはそれほど難しいことではありませんが、目標を達成させるとなるとはなしは変わります。
目標を見失わず持ち続けることも困難ですし、目標達成の為に何をしたらいいのかわからず立ち止まってしまったり、うやむやのままに終わらせてしまうことの方がおおいのではないでしょうか。
目標を達成させやすくするために、ポイントを5つにまとめてみました。

上手な目標設定

紙に書くこと

頭の中だけで考えるのではなく書き出します。自分は何をしたいのか、どうなりたいのか、書き出すことで頭の整理にもなりますし、文字化することでいつでも確認することができるようになります。
本当に自分で達成したい目標をじっくり考える為には、書き出すのが一番です。書き出すことでより具体化し、目標が明確になります。

目標達成までの期限を短くする

書き出した目標は達成するまでどれぐらい期間を必要とするでしょうか。
起業したい、お金持ちになりたい、ダイエットしたい、大学や資格の試験に合格するなどいろいろ目標はあると思います。

大きな目標はそれでいいと思いますが、達成するまで道のりが長すぎると、目標を維持し続けるのは難しく、漠然としすぎて、ともすれば何もしないまま時間は過ぎて行きます。

まずは2週間後までの目標を立てましょう。

2週間で出来ることです。簡単すぎず難しすぎない目標です。
この期間であれば、すぐに結果がでますので2週間後に目標設定したことをフィードバックすることができます。
簡単すぎたのであれば、もう少し難易度か量を増やす。難しすぎたのであれば目標設定を下げるということが2週間に一度可能です。そうするうちに最適な目標設定の仕方がわかってくるようになるでしょう。

よく目標を達成した自分をイメージすることが成功の秘訣と言われますが、なかなかイメージを作ることは簡単ではありません。成功体験がないからです。体験したことのないことはイメージすることは難しいし、実感を伴ってとなるとさらにハードルがあがります。
ですが、小さな成功ならみんな体験したことはあるはずです。2週間と言う期間はその小さな成功体験を積み重ねて行く作業であり、それが経験値にもなります。

目標を数値化する

目標を達成するためにはわかり易く数値化する必要があります。
ダイエットであれば1週間で2kg痩せる。
起業が目標であれば、目指すビジネスで変わってきますが、講師系のビジネスを目指しているとするならば、無償サービスを提供できそうな人3人に声をかけてみる、教材を5ページ分作成するなど、自分でも結果がわかり易くなるように数字目標を立てて下さい。
数字があればその後のフィードバックがやりやすくなります。なぜできたのか、もしくはなぜできなかったのかを分析し次の2週間の予定に生かすことができる様になります。

行動にする

数値目標ができたなら、それを行動にしTo Do リストに落とし込みます。
2kg痩せる為に、毎日30分ウォーキングをする。
菜食中心にするのであれば、スーパーに野菜を買いに行く。などです

時間管理をする

行動目標を決める時、いつどの時間でするのかまで決める必要があります。
普段自分の行動でいつ・どれぐらいの時間を使っているのかわかっている様でわかっていないのが実情ではないでしょうか。
マネージメントで有名なピーター・ドラッカーも記憶ではなく記録が大切であると言っています。
特に新しい目標を立てたのなら、今までの行動に無い事を追加する必要があります。
となれば、何かの時間を削る必要があります。どの時間を削れるのか、まずは時間を記録することから始めて下さい。

まとめ

目標達成での大切なことは、
明確な目標
目標に向かうための細分化した行動
行動をするための時間の確保
そしてフィードバックする為に、
一定の期間で区切ることです。

すぐに成功はできないでしょうが、一歩づつ近づくことが成功への近道です。

-マネージメント
-,

© 2021 道具図鑑