マネージメント

いい習慣を身に付ける方法

起業するには、今までしていたことの延長ではなく、今までとは違う行動・環境が必要になります。
一気に変えることは難しいので、少しずつ自分の行動を見直し変えて行くのがベストです。
案外新しい習慣を身に付けるのは難しいものなので、まずは簡単な良い習慣から取り入れていけば小さな変化でもそれを継続させることで徐々に大きな力になっていきます。

目次

1.長期ビジョンを考える
2.習慣リストを作る
3.毎月1つずつ新しい習慣をつける
4.習慣になるまで続けるコツ

長期ビジョンを考える

やはりまずは自分の5年後、10年後どの様になりたいのか考える必要があります。
どんな自分になりたいか、そのためにはどんな習慣が必要か考えてみましょう。

 

習慣リストを作る

習慣も短期的な視野だけなく中長期的に実ってくる習慣も織り交ぜる必要があります。
短期的な習慣(すぐに成果がわかるもの)
テレビの時間を減らす、メールチェックの回数を減らす、早寝早起きなど
中期的な習慣(徐々に成果が見えてくるもの)
時間管理、資格取得、日報など
長期的な習慣(なかなか結果に結びつかないが確実に実力になるもの)
読書、セミナー、人脈作り

初めに行うべきは時間を作る習慣や管理する習慣
新しい習慣を始めるには時間が必要です。
今現在自分はどの様に時間を使っているのかを把握しなければ、新しい習慣を始めることができません。
1日24時間みんな同じ時間の枠で生きているので、何かを始めるには、何かを削るしかありません。
時間を持て余している人はそうそういないでしょうから、何かをやめるか有効活用する必要があります。
そのためにはどの様に時間を使っているのかをあやふやな記憶からでなく、記録から考えでいきましょう。案外無駄に使っている時間が見つかるかもしれません。無駄な習慣はどんどん削っていきましょう。

毎月1つずつ新しい習慣をつける

習慣リストを作ったら、その中から最も重要だと思うものを12個選びましょう。
1ヶ月に一個の習慣で年に12個の習慣を身に付けることができます。
一度に何個も新しい習慣を身に付けようと思っても成功の確立は低くなります。
1か月に1個に絞ります。そして初めはハードルの低い習慣から始めるのがベストです。
少しでも成功して行けば、次の習慣へ移って行き安くなります。

習慣になるまで続けるコツ

少なくとも1か月は続ける

何かを習慣にするには1か月間続ける必要があるといいます。
一カ月継続できれば習慣化出来るということです。

とにかく毎日すること

まずは3日坊主と言われる初期を乗り越えるには、とにかく毎日すると決めることです。
精度やレベルは問いません。とにかくすることです。
日報や日記のような事を始めれば、3日分ためてやるのではなく、とにかく少なくてもいいので、毎日何か書き込むということを行います。初めのころはとにかく”やる”です。
ハードルを下げ、まずは結果を求めないとこらからのスタートです。

習慣はシンプルな行動に絞ること。

抽象的な習慣ではなく1つの行動に絞った習慣です。
英語の勉強をするという習慣を立てたとしましょう。英語の勉強では色んな解釈ができるので、単語を1日10個覚えるとか、音読をするとか何か具体的な行動に落とし込んだ計画が必要です。

パターン化する

いつも同じ時間や同じ場所で行う様にすると毎日同じペースで実行しやすく忘れにくくなります。
もちろん例外的な状況は発生するでしょうが、それ以外の時は淡々と同じ行動を繰り返すことが習慣化になりやすいパターンです。

どでしょうか、今までとは違うことを取り入れる為に、まずは何か簡単なことから習慣化していってはいかがでしょうか。
私の場合は初めにしたのが、早起きの習慣でした。今では毎朝4時起きをしています。
比較的朝は強い方だったので、まずは5時起きからスタートし徐々に時間を早めて行きました。
朝の時間は文章を書いたり学習時間にあてたりしています。

-マネージメント
-

Copyright© 道具図鑑 , 2019 All Rights Reserved.